妊娠線クリーム いつから

妊娠線クリームはいつから使うのがおすすめ?

妊娠中、赤ちゃんの成長と共におなかはどんどん大きくなります。
始めの頃は目立たないおなかも、妊娠5カ月頃になるとふくらみはじめ、丸みをもったおなかへと変わっていきます。

 

おなかが大きくなると、妊娠線の心配をする妊婦さんが増えますが、妊娠線クリームはいつから塗るのが効果的なのでしょうか。

 

妊娠線は、大きくなっていくおなかに、肌が追い付かないことで起こります。
できてしまうと、なかなか消え巣ことはないので、予防が大切になります。
妊娠線クリームは、保湿成分が豊富に含まれていて、予防する効果が高いです。

 

おなかが大きくなってから妊娠線クリームを使う妊婦さんが多いですが、クリームを使うのは、早ければ早いほど、日々のボディケアとして保湿の習慣を付けておくことがおすすめです。

 

妊娠線は、おなかだけではなく、おしりや太もも、胸にもできます。
できやすい部位にまんべんなく、丁寧に塗ることが必要です。

 

そして、妊娠後期になっても妊娠線ができないと、油断して塗らなくなってしまう妊婦さんもいますが、これは間違いです。
妊娠後期の方が、急激におなかが大きくなるので、妊娠線はできやすいのです。
そのために、妊娠がわかってから、出産までの間、継続的に妊娠線クリームを使うことがおすすめです。

 

妊娠線予防はいつから始めるのが良いの?

妊娠線とは、大きくなったおなかに皮膚がついていくことができなくなって、真皮が断裂してしまうことで、できていきます。
出産後、おなかは小さくなることで、目立たなくなりますが、一度できてしまった妊娠線を消すことはとても大変です。

 

妊娠線予防はいつから始めるのかというと、おなかが目立ち始める前から、クリームを塗ることが基本です。
クリームは市販の保湿クリームでも構いませんが、妊娠線予防専門のクリームも販売されています。

 

妊婦さんは、おなかが大きくなってくる妊娠4〜5カ月頃から妊娠線を意識しだしますが、早ければ早いほど肌の保湿を高めておくことができます。

 

そして、妊娠後期になると、どんどんおなかが大きくなりますが、この時期になると妊娠線ができなかったからと、クリームを塗るのをやめてしまう人がいます。
しかし、妊娠後期が一番急激におなかが大きくなるので、最後まできちんとクリームを塗ることが大切です。
油断して塗るのを辞めたとたんに、妊娠線ができてしまうこともあります。

 

特に、肌が乾燥していると、妊娠線ができやすいので、秋から冬にかけては注意が必要です。
顔と同じように保湿ケアを意識して妊娠線の予防をするようにしましょう。
おなかの他に、バストやヒップ、太もも、二の腕ができやすい部位です。

page top