妊娠線予防 できやすい人の特徴

妊娠線ができやすい人の特徴

人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。
妊娠するとお腹が大きくなるにつれて表皮は伸びる事が出来ますが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくい為、お腹の成長に追いつかずに亀裂が生じて紫色の線がお腹に割れたような形でできます。
これを妊娠線と呼びます。

 

出産後、時間経過とともに妊娠線は目立たなくなりますが、一度出来てしまうと決して消える事が出来ずに残ってしまう事から妊娠するとケアする女性が多いです。

 

妊娠線が出来る時期は人それぞれですが、つわりが終わり、食欲が増加して体重増加も出始める安定期頃が多いです。

 

ケアを怠ったまま臨月に急に出来る場合もありますので最後までケアを怠らないようにします。
急激にお腹が大きくなる時期でもある安定期には出来る限り体重増加をしないようにカロリーコントロールをしたり、ケアするなどして対策しておく事が大切です。

 

妊娠線ができやすい人の特徴として、皮下脂肪が厚いと皮下組織の弾力性が弱いので妊娠線が出来やすいと言われています。
この為、一人目の出産で体重を戻しきれていない経産婦や急激なお腹の膨らみになりやすい小柄でお腹が突き出やすい人や双子以上の妊婦さんなどが挙げられます。

 



page top