妊娠線クリーム ボディクリーム

妊娠線クリームとボディクリームの違い

妊娠線を作らない為には体質的な部分もありますが、急激な体重増加を防いで、真皮や皮下組織の一部が亀裂しないようにする事、乾燥を防ぐ事で肌状態を良くする事などが挙げられます。

 

妊娠線を予防するために妊娠線クリームが売られていますが、ボディクリームとは違いはあるのかというと、妊娠線クリームは妊娠線が出来易いお腹やお尻、太股を対象に保湿や水分をたっぷり補充できる他、妊娠中の匂いなどが気になる方への配慮や添加物の使用への配慮などが特徴です。

 

特に高保湿を重視しているのが特徴です。

 

一方でボディクリームも保湿をする事を主として、全身に使用できたりします。
香りもよく、リラックスや美白、引き締めといった保湿にプラスアルファの付加価値がついているタイプも多いです。

 

どちらも肌の保湿という点では機能は同様です。惜しみなくクリームを使う事が肌に充分な保湿をして妊娠線を作らせないとも言われています。
しかし、選ぶ商品によっては香りがきつすぎたり、妊娠中は肌が敏感になりやすいので、浸透率が高め、無香料で低刺激のタイプを選ぶと良いでしょう。

 



page top