妊娠線予防 なぜ

なぜ妊娠線予防をしなければいけないの?

妊娠すると赤ちゃんが成長していくのに伴ってお母さんのお腹はどんどん大きくなっていきますし、お腹が大きくなるに従って皮膚が引っ張られてしまいます。

 

そして、妊娠によってお腹が大きくなることに皮膚が対応できずに、引っ張られることによって亀裂などが生じてしまいます。
そのため、皮膚に亀裂が生じるなどの理由でお腹などにできてしまう細かな筋のことを妊娠線といいます。

 

そして、妊娠によって出来てしまった線は薄くなったり色などが変わったりすることがありますが、なかなか消すことができない場合があります。

 

そのため、妊娠した際には妊娠線ができないように予防することが重要です。
通常、出産することによって伸びてしまった皮膚は徐々に元に戻りますし、亀裂などが理由であっても痛みなどはありません。

 

しかし、赤ちゃんの大きさなどによって妊娠線がつきやすいなどは違いがありますし、人によってはお腹以外にも脂肪などがつきやすいお尻や太ももなどにできる場合があります。
そのため、妊娠して体重が増え始めたりお腹が大きくなっていく際に、予防としてお腹まわりなどの肌の状態を整えるなど対策を行うことによって妊娠線がつかないようにすることが大切です。

 



page top