妊娠線予防 いつから始める

妊娠線予防はいつから始めるのが良いの?

妊娠線とは、大きくなったおなかに皮膚がついていくことができなくなって、真皮が断裂してしまうことで、できていきます。
出産後、おなかは小さくなることで、目立たなくなりますが、一度できてしまった妊娠線を消すことはとても大変です。

 

妊娠線予防はいつから始めるのかというと、おなかが目立ち始める前から、クリームを塗ることが基本です。
クリームは市販の保湿クリームでも構いませんが、妊娠線予防専門のクリームも販売されています。

 

妊婦さんは、おなかが大きくなってくる妊娠4〜5カ月頃から妊娠線を意識しだしますが、早ければ早いほど肌の保湿を高めておくことができます。

 

そして、妊娠後期になると、どんどんおなかが大きくなりますが、この時期になると妊娠線ができなかったからと、クリームを塗るのをやめてしまう人がいます。
しかし、妊娠後期が一番急激におなかが大きくなるので、最後まできちんとクリームを塗ることが大切です。
油断して塗るのを辞めたとたんに、妊娠線ができてしまうこともあります。

 

特に、肌が乾燥していると、妊娠線ができやすいので、秋から冬にかけては注意が必要です。
顔と同じように保湿ケアを意識して妊娠線の予防をするようにしましょう。
おなかの他に、バストやヒップ、太もも、二の腕ができやすい部位です。

 



page top