妊娠線クリーム

おすすめの妊娠線対策クリーム

妊娠すると8割の人にできてしまうと言われる妊娠線。
一度できてしまった妊娠線は消すのは難しくなりますが、早めに対策をすることで予防することができると言われています。

 

妊娠中はホルモンバランスが通常と異なるため、乾燥肌になりがちです。乾燥した肌はひび割れやすく、妊娠線が発生しやすくなってしまいます。
妊娠線は真皮が裂けることで起こりやすってきますので、真皮に十分な潤いと栄養分を与える必要があります。

 

妊娠線予防はクリームがおすすめ!

妊娠線の予防法で人気なのが、クリームなどでの肌の乾燥と栄養不足を防ぐというものです。

 

妊娠線を出来ないように妊娠中から予防したいと考えている方には妊娠線専用のクリームは必須アイテムとも言えるボディケアアイテムです。
おすすめのクリームをランキング形式でご紹介します。

 

ベルタ妊娠線クリームの特徴
妊娠初期の妊娠線予防、産後のボディケアをサポートするストレッチマーク対策のクリームです。

肌に必要な成分を届け、しっかりと肌を整えるのに働きかける成分に加えて、3つの美容成分スーパーヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンが肌に潤いを与えて保湿ケアをサポートしてくれます。
口コミで人気の妊娠線予防のクリーム
ベルタ妊娠線クリームは妊婦さんの口コミでも人気が高いのが特徴。出産経験のある女性スタッフも開発に関わるなど、経験した方ならではの配慮が試した方からも好評です。
スキンケア大学でも紹介!
ドクターが監修する人気健康・美容系情報サイト「スキンケア大学」でもベルタマザークリームが紹介され、楽天など多くのランキングサイトでも1位、上位に挙げられることが多いです。
価格 定期便初回500
評価 評価5
備考 通常6980円→定期便が初回お届け価格92%OFFキャンペーン中
ベルタ妊娠線クリームの総評
ベルタ妊娠線クリームは柑橘系の天然のグレープフルーツを配合しているので、匂いに敏感な時期であるつわりの時期でも気にならないという声が多いです。
また、出産経験のあるBELTA社員によるお客様サポートもありますので、どんなことでも相談出来るサポート体制が整っています。

このクリームに配合されているシラノール誘導体は海外でも妊娠線予防として実績があり、初産婦の方の中で86%が非常に良い、または良いと回答しているのです。
また、高品質の美容成分「スーパーヒアルロン酸」「プラセンタ」「コラーゲン」などの成分が配合されているのも、女性にとってはとてもうれしいことです。

現在、公式サイトでは定期便の初回お届け価格が92%OFFの500円、2回目以降も4,980円と妊娠初期から出産までお財布にも優しいお得なプランを用意しています。

ノコア NOCORの特徴
贅沢な潤い成分と肌への優しさに配慮した人気のボディケアクリームで、浸透性ビタミンC誘導体とEGF・FGF様成分を配合して、乾燥した肌にもしっかりと潤いを与えて保湿をサポートしてくれます。

機能性ナチュラル成分として注目されている生シアバター・アボカド・ベントナイトといった、自然由来のケア成分を配合したオーガニック処方で肌本来の強さを育てるのにも働きかけてくれます。
数年前にできた妊娠線にもおススメ!
ノコアは妊娠の際に出来てしまった妊娠線や、体にある白い肉割れ線といった肌の保湿にも役立ちます。
価格 6,680
評価 評価5
備考 150g 約1か月〜1ヶ月半 アフターボディ トリートメントクリーム
ノコア NOCORの総評
おなか以外にも太ももなど気になる部分に使えます。余分な成分をカットしたオーガニック原料をたっぷりと配合したクリームなので、肌荒れが心配な方にもおすすめです。。楽天市場でのランキングや@cosmeでの口コミ評価も高く、体のコンプレックスケアのクリームとして人気です。

一本150gで約1か月から1ヶ月半ほど使用できるので、他のクリームよりも経済的なところもおすすめしたいポイントです。
今なら購入者の方にノコアの部位別の使い方を紹介している「ノコアHOW TO BOOK」をプレゼント中です。

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

AFCエーエフシー・ストレッチマーククリームの特徴
妊娠中・産後のボディケアをサポートする無添加クリームです。
産婦人科での母親学級でも紹介されるなど、実際の現場でも認知されています。

開発にはママさんの声を元に成分をプラスしているのも特徴です。

また、肌トラブルケアをサポートする成分、ライマメ種子エキス・ダーマクロレラが肌に潤いを与えて、滑らかにしながら、アラントインが肌を整えるのに働きかけてくれます。
塗り心地や塗った後のことを考えられたクリーム
ヘスペリジンを配合することで、肌に塗った後にじわっと温かくなり、さらっとした使用感、つわり時期でも使えるように配慮された精油アロマのビターオレンジの香りで塗り心地や使っている時の心地良さを感じるという方が多いです。
価格 3,024
評価 評価5
備考 120g 無添加処方日本製 ネロリの香り
AFCエーエフシー・ストレッチマーククリームの総評
エーエフシー・ストレッチマーククリームは妊娠線予防クリームとして顧客満足度95%と口コミでも評価が高いのが特徴です。
妊娠線予防はもちろんのことですが、妊娠初期から、出産後のボディケアをサポートしてくれます。

妊娠中に感じやすいニオイに関しても配慮されている点や、40年の化粧品のエキスパートが原料の研究を何度も何度も重ねて、作り上げたクリームで、純日本製の成分にもこだわり、使用するものに気を使う妊娠時期にも安心して使えるのもおすすめポイントです。

お得な価格もおすすめされる理由となっており、他の妊娠線予防・ケアクリームと比べても価格がお求めやすい価格というのも続けやすく人気です。

プラジェントラの特徴
プラジェントラクリームにはグロスファクター成分が含まれています。健康的な肌サイクルを保つための成分、そして肌の潤いを保つ保湿成分で肌トラブルの予防をサポートしてくれます。


また、美肌成分や肌のくすみケアを自然由来成分で配合して、肌にも優しく、毎日のボディケアをサポートしてくれます。

無添加処方として無着色・フェノキシエタノール不使用のクリームです。
価格 6,825
評価 評価5
備考 内容量130g
プラジェントラの総評
出産後はホルモンのバランスが乱れる為、肌の弱い方は肌トラブルになりやすい時期でもあります。
対策を行っておくのが妊娠線予防でも、とても大切です。

 

妊娠線予防になぜクリームがおすすめなの?

妊娠線クリーム

妊娠すると、体が大きく変化します。体内で赤ちゃんが育っていくのと同時に、おなかが大きくなります。妊娠初期は目立たないおなかも、少しずつ大きくなり、妊娠5カ月頃には、はっきりわかるようになります。また、出産の2カ月くらい前になると赤ちゃんの成長スピードも速くなり、今までよりも一気に大きくなっていきます。

 

妊娠線は、急激なおなかの成長に、皮膚がついていかないことで起こります。そのために、妊娠線予防には、日頃からのケアが必要になります。

 

保湿が妊娠線予防では最重要!

妊娠線予防に欠かせないのは、保湿です。特に妊娠中は肌が乾燥しやすいだけでなく、お腹が大きくなることで肌はカサカサになり水分不足が慢性化しやすいです。

 

この時期にしっかりと保湿ケアを行っておくかで妊娠線の予防、規模に大きく違いが出ると言われています。

 

妊娠線予防のクリームの中には、保湿成分と共に、油分も入っているので、水分を閉じ込める保湿もサポートします。さらに、肌を育てるためのスキンケア成分を配合するなど日々のケアを1本でカバーしてくれるメリットがあります。

 

化粧水のような水分だけのものを塗っても、水分不足になっている状態だと保湿力が低いため、しっかりと保湿ができる保湿化粧品を選ぶことが大切です。

 

肌に負担をかけずにケアできるのがクリームのメリット

そして、クリームは伸びがいいという特徴があります。妊娠中のお肌は敏感で乾燥しやすい状態ですので、摩擦が少なく、力を入れなくても伸びが良いことが、お肌に負担をかけずに、うるおいを与えることができます。

 

妊娠後期になると、おなかも大きくなり、自分で塗るのも大変になりますが、伸びの良いクリームなら、直接目で確認しなくてもきれいに塗ることが可能です。

 

妊娠線対策クリームを正しく使おう!

ご自分の肌に合っていれば、クリーム・オイルの種類は問いませんが、専用のクリームが妊娠中の敏感になっている肌にもやさしく作られているのでおすすめです。

 

お風呂上がりや、寝ているうちに水分を失ってしまっている朝などに、優しく円を描くようにマッサージしながら塗布します。このとき、お腹の赤ちゃんに話しかけたりコミュニケーションをとるのも良いですね。

 

お腹だけでなく他の箇所もしっかりケア

自分では見えづらいのですが、おへそから下のあたりが最も妊娠線の出やすいところです。またお腹だけでなく、足の付け根、腰からお尻にかけて、バストにも忘れずに保湿をしてください。

 

妊娠線クリームを選ぶ時のポイント

妊娠線はお腹の正面だけでなく、横腹や妊娠時に急激に体重が増えることによるお尻や太ももといった所にも表れます。
妊娠線対策のクリームを選ぶ時には配合している成分はもちろん、伸びが良く少量でも広い範囲をカバーできるテクスチャーや内容量にも注目することで、経済的にも負担を減らしながらケアに取り組めます。

 

美容外科で妊娠線が消せる?

できてしまった、妊娠線は美容外科でも消す治療を受けることができます。
美容外科では、真皮のコラーゲン生成を促すことができる機器を利用して施術を行っていくことができますので、肌に残ってしまった跡を専門治療で改善を目指せます。

 

もちろんセルフケアと比べて費用面はかかりますが、他のケアでも消えない場合の選択肢としては消せる可能性が高いことから、治療を受ける方もいるようです。

 

無添加の妊娠線クリームは?

妊娠をするということは、大変なことです。
身体には様々なことが起きます。
たとえば妊娠線もその一つです。赤ちゃんがおなかの中で成長するにつれ、今まで大きくなったことがないところまでお腹は大きくなりますので、その影響で皮膚も伸びるのです。
それによって、乾燥もしますしひび割れもおこったりして、妊娠線ができるのです。

 

そんな妊娠線予防にはボディクリームでの保湿ケアが重要ですが、繊細な時期に使用するクリームですので、含まれる成分には気を使います。
できるだけ添加物が少ないシンプルなクリームが安心ですよね。

 

妊娠線クリームは市販で買える?

妊娠することで、身体にはさまざまなことが起こります。
たとえば妊娠線もその一つです。
妊娠線というのは、赤ちゃんが成長することで、今まで大きくなったことがないところまでお腹の皮が伸びますので、それによって乾燥なども起こり、線ができてしまうというものです。

 

妊娠線においては、妊娠線クリームを使うことで、予防をするお手入れができます。
もちろん妊娠線クリームを使っても、できてしまったという方も中にはいます。それは、体質によることもあるのです。
筋肉質の方の方が線ができやすいという傾向があります。

 

人気のある妊娠線クリームは、やはり口コミでも好評です。市販されているものでも人気のあるクリームはあります。

 

通販になりますと、さらに選択肢が広がりますし、さまざまなメーカーのもの、またさまざまな会社で作られているものを選ぶこともできます。
その際、お値段だけではなく、口コミ評判なども参考にして決めると、失敗しないですし満足度が高いという傾向があります。

 

実際には使ってみないとわからないということもあるかもしれません。

 

妊娠線クリームどこに売ってるの?の販売店はどこ?

妊娠線クリームを購入する時、どこに売ってるのかわからない人も少なくありません。
購入したいときには、薬局やベビー用品を扱っている販売店で購入することができます。

 

一般的には、マタニティーグッズなどが置かれているお店には必ずといっていいほどあります。

 

妊娠線クリームは潤いを与え肌の弾力を保つための保湿ケアをサポートしてくれます。

 

普通のボディークリームよりも保湿はもちろん、妊娠中でも匂いが気になりにくく、成分的にお肌への刺激などにも極力穏やかな内容となっているのが特徴です。

 

妊娠線クリームがどこに売っているのかわからないという場合には、通販を利用することもできます。
通販ではとても種類も豊富な中から選ぶことができますし、口コミなどもチェックすることができますので、より品質などにこだわったものを購入することができます。

 

お値段はピンキリなのですが、値段だけではなく、口コミ評判なども気にしてみるとより良いものが買えるでしょう。

 

気になる値段についても、安いものが多くなっていますので値段を気にすることなく購入することができるでしょう。
妊娠線クリームについては、ベビー用品を販売しているお店でも購入可能です。

 

ベビー用品を販売しているお店では、妊婦に役立つ商品を多く販売していますので、妊婦の方で妊娠線が気になる方にもおすすめとなってきます。
販売されている商品については、妊婦でも利用できるように肌に優しい処方になっていますので、安心してお肌に付けることができるのです。

 

他にも、通販でも人気な妊娠線クリームを購入することができますので、質にこだわりたい、自分にピッタリなクリームをお探しの方にも最適となってきます。
通販では、自宅にいながら注文することができます。

 

妊娠しますと、色々な身体の変化がでてきます。
たとえば、妊娠線もその一つです。

 

赤ちゃんの成長とともに、急激にお腹が大きくなることで、皮膚が耐え切れなくなり伸びきって線ができてしまうのです。
しかし、これを予防するために妊娠線クリームというものがあります。

 

妊娠線クリームは薬局で購入できる?

妊娠すると、女性の身体には大きな変化が訪れます。
妊娠初期には目立たなかったおなかが大きくなり、赤ちゃんはどんどん成長していきます。

 

人間の皮膚はやわらかく、大きくなっていくおなかと一緒に伸びていきますが、皮膚の下にある真皮はそれほど伸びないので、急激におなかが大きくなると断裂してしまいます。
その断裂が妊娠線になるので、できてしまうと、なかなか元の状態に戻りません。

 

そこで、妊娠線クリームで予防することが大切なのですが、妊娠線クリームは妊婦さん向けの雑誌などでは高価なものが通信販売で売られています。
実際に手に取って確認したい場合は、薬局でも購入することができます。

 

薬局では、お手頃価格のものから高価なものまで幅広く販売されているので、自分に合ったクリームを選ぶことができます。

 

妊娠線クリームで大切なのは、お肌を保湿してやわらかくして、真皮の断裂が起きにくくすることです。

 

ですから、保湿成分が入ったものを選ぶことと、妊娠中はお肌がいつもより敏感になっているので低刺激のものを選ぶことがポイントです。
香りについては、好みで構いませんが、妊娠中は匂いにも敏感になるので、強すぎる香りは気持ちが悪くなってしまうことがあります。

 

妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法

赤ちゃんの成長と共に、妊娠中のおなかはどんどん大きくなっていきます。
急激におなかが大きくなっていくと、皮膚がついていくことができずに、妊娠線となってしまいます。

 

妊娠線は産後おなかが戻ると薄くなりますが、完全には消えることがありません。
ですから、妊娠線ケアを正しく行うことが大切になります。

 

妊娠線ケアの方法は、クリームを使って保湿することが大切です。
乾燥していると、妊娠線ができやすいので、保湿してお肌ののびをよくすることが必要になります。

 

特に冬は空気が乾燥しているので、こまめなケアが必要になります。
この時、クリームはさっと表面に塗る程度にすることが肝心です。

 

力を入れてゴシゴシこすってしまうと、妊娠中の過敏なお肌に刺激を与えてしまいます。
また、おなかの張りの原因になるので、マッサージは行いません。

 

そして、ケアする場所ですが、もっとも妊娠線ができやすいのは下腹部ですが、
おしりや太もも、胸や二の腕も妊娠線ケアが必要な部位です。

 

おなかが大きくなってからではなく、妊娠がわかったら、すぐに妊娠線ケアを始めると効果的です。
妊娠後期には、自分でクリームを塗るのが大変になりますが、旦那さんに手伝ってもらうと、コミュニケーションがとれます。

 

妊娠線クリームの正しい塗り方

妊娠してお腹が大きくなってくると、妊娠線ができやすくなります。妊娠線クリームはその妊娠線の予防を目的としたクリームですよね。
ただ、妊娠中の肌への負荷は乾燥なども伴って大きいため、何気なく塗っているだけでは保湿不足になってしまう可能性もあるので、十分な保湿で肌を守るためにも正しい塗り方をチェックしておきましょう。

 

まず、妊娠線クリームは少なすぎては保湿不足になりやすいです。それは肌が乾燥していると妊娠線ができやすいためです。
ムラが出ないように多めにとり、一日2回から数回と、こまめに塗ることが大切です。

 

妊娠線はお腹や太もも、お尻、胸などにできやすくなります。
特に妊娠中は肌がデリケートになっているので、あまり力を入れず、やさしくマッサージしながら、下から上へと塗っていきましょう。

 

お腹に塗る場合は、まず、おへそ周りに円を描くように塗り、次に下腹部から上腹部に向かってやさしく塗りましょう。

 

太ももからお尻は、膝裏からお尻に向け、下から上にお尻のお肉を持ち上げるように塗っていきます。

 

妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点

妊娠線クリームを塗ってたのにもかかわらず、妊娠線が出来てしまった人には、共通点が存在しています。
まず、妊娠線が出来てしまった方については、体重が一気に増えてしまった方に多くなっている傾向があるのです。

 

妊娠線クリームを使っていれば、お肌のトラブルを防止できるように考えてしまうのですが、急激に皮膚が引っ張られることにより、真皮が避けてしまいますので、クリームを使っても意味がなくなってしまうのです。
妊娠すると、体重が増えやすくなってくるのですが、一気に体重が増えることにより真皮が断裂しやすくなってきますので、体重の管理にも気を配らなければなりません。

 

妊娠したときには、体重が増えすぎないように食生活にも気を付けるようにしましょう。
さらに、妊娠線クリームを使ってケアを行っていても妊娠線が出来てしまう方は、運動不足に陥っていることが多くなっているのです。

 

運動を行わないと、全身の血行が悪くなってしまうのですが、その結果皮膚に必要な栄養分が届かなくなり、皮膚が断裂しやすくなるのです。
妊娠したときには、皮膚に必要な栄養分を与えるためにも、定期的に運動を行い血流を活発にするように心がけておくとよいでしょう。

 

妊娠線クリームとボディクリームの違い

妊娠線を作らない為には体質的な部分もありますが、急激な体重増加を防いで、真皮や皮下組織の一部が亀裂しないようにする事、乾燥を防ぐ事で肌状態を良くする事などが挙げられます。

 

妊娠線を予防するために妊娠線クリームが売られていますが、ボディクリームとは違いはあるのかというと、妊娠線クリームは妊娠線が出来易いお腹やお尻、太股を対象に保湿や水分をたっぷり補充できる他、妊娠中の匂いなどが気になる方への配慮や添加物の使用への配慮などが特徴です。

 

特に高保湿を重視しているのが特徴です。

 

一方でボディクリームも保湿をする事を主として、全身に使用できたりします。
香りもよく、リラックスや美白、引き締めといった保湿にプラスアルファの付加価値がついているタイプも多いです。

 

どちらも肌の保湿という点では機能は同様です。惜しみなくクリームを使う事が肌に充分な保湿をして妊娠線を作らせないとも言われています。
しかし、選ぶ商品によっては香りがきつすぎたり、妊娠中は肌が敏感になりやすいので、浸透率が高め、無香料で低刺激のタイプを選ぶと良いでしょう。

 

なぜ妊娠線予防をしなければいけないの?

妊娠すると赤ちゃんが成長していくのに伴ってお母さんのお腹はどんどん大きくなっていきますし、お腹が大きくなるに従って皮膚が引っ張られてしまいます。

 

そして、妊娠によってお腹が大きくなることに皮膚が対応できずに、引っ張られることによって亀裂などが生じてしまいます。
そのため、皮膚に亀裂が生じるなどの理由でお腹などにできてしまう細かな筋のことを妊娠線といいます。

 

そして、妊娠によって出来てしまった線は薄くなったり色などが変わったりすることがありますが、なかなか消すことができない場合があります。

 

そのため、妊娠した際には妊娠線ができないように予防することが重要です。
通常、出産することによって伸びてしまった皮膚は徐々に元に戻りますし、亀裂などが理由であっても痛みなどはありません。

 

しかし、赤ちゃんの大きさなどによって妊娠線がつきやすいなどは違いがありますし、人によってはお腹以外にも脂肪などがつきやすいお尻や太ももなどにできる場合があります。
そのため、妊娠して体重が増え始めたりお腹が大きくなっていく際に、予防としてお腹まわりなどの肌の状態を整えるなど対策を行うことによって妊娠線がつかないようにすることが大切です。


更新履歴
page top