妊娠線対策に効果的なプラジェントラの効果

妊娠すると出来てしまう妊娠線対策には、プラジェントラがとても効果的です。
しかし、正しい使い方をしなければ、効果をあげることが出来ませんので、注意するようにしましょう。

 

プラジェントラには、EFG(ヒトオリゴペプチド-1)とFGF(ヒトオリゴペプチド-3)が配合されています。
弾力のある肌を保持してくれるタンパク質で、とても美容効果が高いのです。このプラジェントラの成分をしっかりと引き出す正しい使い方をするようにしましょう。

 

クリームとローションとマッサージオイルがあります。
クリームは症状がひどい部分や、既に出来てしまった妊娠線に対して使うようにします。皮膚細胞にコラーゲン再生力を与えてくれるクリームです。

 

ローションは妊娠線を予防するために使います。そのため、妊娠中期の頃から、全身に塗って保湿してケアをするようにします。
オイルは安定期に入った頃から使用します。全身をマッサージして使い、妊娠線の予防の効果をよりあげます。

 

クリームやローションは、1日に1回から2回程度、塗るようにしましょう。ひどい状態になっている場合は、3〜4回塗った方がよいかもしれません。マッサージオイルは、安定期に入ってから週に2、3度使うようにしましょう。

 


関連ページ

プラジェントラの口コミ
妊娠線予防に効果的なプラジェントラの口コミについて解説します。
プラジェントラの評判
妊娠線予防に効果的なプラジェントラの評判について解説します。