妊娠線予防におすすめの方法とは?

妊娠線は、大きくなるおなかに皮膚がついていかないことで起こります。
一度出来てしまうと、元の状態には戻らないので、妊娠線予防が大切です。

 

妊娠線予防におすすめの方法はいくつかあります。

 

まず、急激におなかが大きくなることが妊娠線の原因になるので、体重のコントロールをしっかりすることです。
おなかの赤ちゃんにも増えすぎる体重はよくありません。
食事内容を見直して、体重の増加には気を付けます。

 

そして、保湿をきちんとすることが必要です。
妊娠がわかってから、妊娠線を予防するために保湿を行います。
おなかだけでなく、胸やおしり、太ももに妊娠線はできやすいので、丁寧に塗ることが大切です。

 

おなかが大きくなる妊娠4〜5カ月頃から妊娠線対策をする妊婦さんが多いですが、早ければ早いほど効果的です。
保湿クリームで構いませんが、妊娠線予防クリームも販売されています。

 

さらに、冬は空気が乾燥して、お肌も乾燥しやすい季節です。

 

妊娠線も冬ができやすい季節なので、妊娠期間中に冬が含まれる場合は、特に気を付けて保湿ケアすることが必要になります。
期間は、妊娠がわかってから、出産まで塗り続けることが大切です。途中でやめてしまうと、そこから急激に妊娠線ができてしまうことがあります。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
できなかった人の特徴
妊娠線ができなかった人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
妊娠線クリームとボディクリームの違い
妊娠線クリームとボディクリームの違いについて解説します。
正しい塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方について解説します。
正しいケア方法
妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法をご紹介します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。