妊娠線クリームの正しい塗り方

妊娠してお腹が大きくなってくると、妊娠線ができやすくなります。妊娠線クリームはその妊娠線の予防を目的としたクリームですよね。
ただ、妊娠中の肌への負荷は乾燥なども伴って大きいため、何気なく塗っているだけでは保湿不足になってしまう可能性もあるので、十分な保湿で肌を守るためにも正しい塗り方をチェックしておきましょう。

 

 

まず、妊娠線クリームは少なすぎては保湿不足になりやすいです。それは肌が乾燥していると妊娠線ができやすいためです。
ムラが出ないように多めにとり、一日2回から数回と、こまめに塗ることが大切です。

 

妊娠線はお腹や太もも、お尻、胸などにできやすくなります。
特に妊娠中は肌がデリケートになっているので、あまり力を入れず、やさしくマッサージしながら、下から上へと塗っていきましょう。

 

お腹に塗る場合は、まず、おへそ周りに円を描くように塗り、次に下腹部から上腹部に向かってやさしく塗りましょう。

 

太ももからお尻は、膝裏からお尻に向け、下から上にお尻のお肉を持ち上げるように塗っていきます。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
できなかった人の特徴
妊娠線ができなかった人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
妊娠線クリームとボディクリームの違い
妊娠線クリームとボディクリームの違いについて解説します。
正しいケア方法
妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法をご紹介します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。
おすすめの方法とは?
妊娠線予防におすすめの方法について解説します。