ふくらはぎに出来た妊娠線の対策法とは?

妊娠線とは、妊娠によりお腹や周りの皮膚が引っ張られることにより、皮膚がひび割れたような状態になり、線や跡が出てしまうことです。
一度出来てしまうと、薄くすることはできますが、出産後も完全には消えずに残るケースがほとんどなので、予め妊娠中から気をつけていなければなりません。

 

一般的にお腹まわりにできることは有名なのですが、実は妊娠線はお尻やふくらはぎ、二の腕などにもできることも意外と多いので、注意が必要です。
効果的な対策法としては、お腹が大きくなる前の妊娠初期〜中期から、クリームやオイルなどを使うことです。

 

お尻やふくらはぎの裏側などは、自分の目で確認することが難しい部分なので、鏡などを使ってこまめにチェックしてあげるとよいでしょう。
妊娠線は乾燥肌の体質の人にできやすい傾向があります。

 

特に妊娠すると肌の体質が変わりやすくなるので、冬場だけでなく夏場でも肌の乾燥には注意が必要です。
専用のマッサージクリームもありますが、通常の保湿クリームやアロマオイルなどでも代用できる場合があります。

 

乳幼児も使えるタイプのクリームを購入すれば、妊娠中に使い切れなくても、出産後に母子ともに利用できるのでオススメです。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
できなかった人の特徴
妊娠線ができなかった人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
妊娠線クリームとボディクリームの違い
妊娠線クリームとボディクリームの違いについて解説します。
正しい塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方について解説します。
正しいケア方法
妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法をご紹介します。
クリニックで行う治療の料金・費用の相場
クリニックなどで行う妊娠線治療の料金・費用の相場について解説します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。
太ももに出来た妊娠線の対策法
ふくらはぎに出来た妊娠線の対策法について解説します。
おすすめの方法とは?
妊娠線予防におすすめの方法について解説します。
自宅でできる方法
自宅でできる妊娠線を消す方法について解説します。
効果があるベビーオイル
妊娠線に効果があるベビーオイルをご紹介します。