妊娠線できなかった人の特徴

人間の肌は外から表皮、真皮、皮下組織となっており、妊娠するとお腹が大きくなるにつれて、表皮は伸びる事が出来ますが、真皮と皮下組織の一部は急激な伸びに追いつかずに亀裂を生じる事があります。
亀裂が生じると赤紫の線が皮膚に表れます。これを妊娠線と呼びます。

 

妊娠線の原因は急激な体重増加によるお腹の成長です。
また、皮下脂肪の多い人には皮下組織の伸びがさらに悪く、妊娠線を生じさせやすいです。

 

この為、一人目を妊娠して皮下脂肪を蓄積したままの経産婦や急激なお腹の成長をしやすい多胎妊娠されている方や小柄な方などができやすい人の特徴です。
妊娠線対策として、肌が硬かったり、乾燥しているとより妊娠線を作りやすくしてしまう事から予防クリームでケアする事が大切です。

 

一方でできなかった人の特徴は日頃から体重管理に努めて、急激な体重増加を防ぐ努力をしている人や、妊娠初期から念入りにケアをしている人であったり、ケアをしていなくても肌自体が乾燥肌知らずで柔軟性の良い体質の方は出来る事は少ないでしょう。

 

また、付け加えて骨盤が整って正しい位置にある人も、赤ちゃんが正位置にお腹の中にいる為、無駄にお腹が大きくなることがない事も要因の一つです。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
妊娠線クリームとボディクリームの違い
妊娠線クリームとボディクリームの違いについて解説します。
正しい塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方について解説します。
正しいケア方法
妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法をご紹介します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。
おすすめの方法とは?
妊娠線予防におすすめの方法について解説します。