妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法

赤ちゃんの成長と共に、妊娠中のおなかはどんどん大きくなっていきます。
急激におなかが大きくなっていくと、皮膚がついていくことができずに、妊娠線となってしまいます。

 

妊娠線は産後おなかが戻ると薄くなりますが、完全には消えることがありません。
ですから、妊娠線ケアを正しく行うことが大切になります。

 

妊娠線ケアの方法は、クリームを使って保湿することが大切です。
乾燥していると、妊娠線ができやすいので、保湿してお肌ののびをよくすることが必要になります。

 

特に冬は空気が乾燥しているので、こまめなケアが必要になります。
この時、クリームはさっと表面に塗る程度にすることが肝心です。

 

力を入れてゴシゴシこすってしまうと、妊娠中の過敏なお肌に刺激を与えてしまいます。
また、おなかの張りの原因になるので、マッサージは行いません。

 

そして、ケアする場所ですが、もっとも妊娠線ができやすいのは下腹部ですが、
おしりや太もも、胸や二の腕も妊娠線ケアが必要な部位です。

 

おなかが大きくなってからではなく、妊娠がわかったら、すぐに妊娠線ケアを始めると効果的です。
妊娠後期には、自分でクリームを塗るのが大変になりますが、旦那さんに手伝ってもらうと、コミュニケーションがとれます。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
できなかった人の特徴
妊娠線ができなかった人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
妊娠線クリームとボディクリームの違い
妊娠線クリームとボディクリームの違いについて解説します。
正しい塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方について解説します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。
おすすめの方法とは?
妊娠線予防におすすめの方法について解説します。