妊娠線クリームとボディクリームの違い

妊娠線を作らない為には体質的な部分もありますが、急激な体重増加を防いで、真皮や皮下組織の一部が亀裂しないようにする事、乾燥を防ぐ事で肌状態を良くする事などが挙げられます。

 

妊娠線を予防するために妊娠線クリームが売られていますが、ボディクリームとは違いはあるのかというと、妊娠線クリームは妊娠線が出来易いお腹やお尻、太股を対象に保湿や水分をたっぷり補充できるようなクリームと宣伝している所が多いです。

 

一方でボディクリームも保湿をする事を主として、全身に使用できたりします。
香りもよく、リラックス効果や美白、引き締め効果があるものと保湿にプラスアルファの付加価値がついているタイプも多いです。

 

妊娠線を予防するにあたって専用の妊娠線クリームを用いるのも手ですが、専用の妊娠線クリームは少量で高額な商品も多く、なかなかふんだんに使えないと思う人は効能的には保湿という面で十分にボディクリームでも代用できます。

 

惜しみなくクリームを使う事が肌に充分な保湿をして妊娠線を作らせないとも言われています。
しかし、選ぶ商品によっては香りがきつすぎたり、妊娠中は肌が敏感になりやすいので、浸透率が高め、無香料で低刺激のタイプを選ぶと良いでしょう。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

できやすい人の特徴
妊娠線ができやすい人の特徴について解説します。
できなかった人の特徴
妊娠線ができなかった人の特徴について解説します。
出来てしまった人の共通点
妊娠線クリームを塗ってたのに妊娠線が出来てしまった人の共通点について解説します。
正しい塗り方
妊娠線クリームの正しい塗り方について解説します。
正しいケア方法
妊娠線ケアに役立つクリームと正しいケア方法をご紹介します。
クリニックで行う治療の料金・費用の相場
クリニックなどで行う妊娠線治療の料金・費用の相場について解説します。
できはじめに行うべき予防法
妊娠線のできはじめに行うべき予防法について解説します。
ふくらはぎに出来た妊娠線の対策法
ふくらはぎに出来た妊娠線の対策法について解説します。
太ももに出来た妊娠線の対策法
ふくらはぎに出来た妊娠線の対策法について解説します。
おすすめの方法とは?
妊娠線予防におすすめの方法について解説します。
自宅でできる方法
自宅でできる妊娠線を消す方法について解説します。
効果があるベビーオイル
妊娠線に効果があるベビーオイルをご紹介します。