妊娠線クリームはどれくらい効果があるの?

皮膚は表皮と神秘と皮下組織の3層に分かれています。妊娠すると赤ちゃんが成長するとともにドンドンお腹が大きくなっていき、表皮は伸びやすいのに真皮や皮下組織の一部は弾力性がないためにお腹の急激な伸びについていきません。
弾力性のない皮下脂肪の影響も受けて、真皮や皮下組織の伸縮性の限界を超えて皮膚が引っ張られると亀裂ができてしまい、赤紫色の線状斑ができてしまいます。
これが妊娠線ですが、痛みが伴うことはありません。妊娠線はお腹以外にも下腹部やふとももお尻などの脂肪のつきやすい場所に現れます。

 

ほんの少しだけで済む人もいればおなかや胸全体にできてしまう人もいます。
もともと太り気味の人や双子以上の多胎の人、経産婦、小柄でお腹が出やすい人、栄養状態の悪い人や乾燥肌の人などは妊娠線ができやすいと言われています。

 

こうした条件に当てはまる人は早いうちに妊娠線クリームで予防ケアをするのがお勧めです。
保湿力の高い妊娠線クリームで、妊娠線のできやすいところを潤すことで予防効果があります。

 

実際にどれくらい効果があるかは人によって異なります。妊娠線を予防するためには継続的な皮膚の保湿ケア効果的ですが、妊娠中はホルモンのバランスの変化が大きく、肌もデリケートになりがちです。
妊娠線予防クリームはこうした妊婦の肌の状態を考慮して作られているので、価格は割高ですが高品質なものになっています。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

いつから使うのが効果的なの?
妊娠線クリームはいつから使うのが効果的なのか?という疑問について解説します。
いつから始めるのが良いの?
妊娠線予防はいつから始めるのが良いの?という疑問について解説します。
なぜ予防をしなければいけないの?
なぜ妊娠線予防をしなければいけないの?という疑問について解説します。
クリームは市販で買える?
人気の妊娠線クリームは市販で買える?という疑問について解説します。
安く購入できるクリームはどれ?
安く購入できる妊娠線クリームはどれ?という疑問について解説します。
ニベアクリームは効果ある?
妊娠線にニベアクリームは効果ある?という疑問について解説します。
薬局で購入できる?
妊娠線クリームは薬局で購入できる?という疑問について解説します。
どこに売ってるの?
妊娠線クリームどこに売ってるの?という疑問について解説します。
販売店はどこ?
妊娠線クリームの販売店はどこ?という疑問について解説します。
クリームとオイルはどちらの方が効果があるの?
妊娠線クリームとオイルはどちらの方が効果があるの?という疑問について解説します。
普通のボディクリームでは効果ないの?
妊娠線は普通のボディクリームでは効果ないの?という疑問について解説します。
消す方法があるの?
産後の妊娠線を消す方法があるの?という疑問について解説します。
肥満や成長による肉割れを消すための方法
肥満や成長による肉割れを消すための方法について解説します。Q&A形式で疑問に対して回答しています。