妊娠線は普通のボディクリームでは効果ないの?

妊娠することで、からだにはいろいろなことが起こります。
たとえば妊娠線もその一つです。
赤ちゃんの成長とともに、急激にお腹が大きくなることで、皮膚が耐えられなくなり、ひび割れのような線ができてしまうのです。

 

これは、乾燥も原因となっていますので、ボディクリームを付けることで予防する効果があるのです。
それが効果ないといわれていることもありますし、実際にクリームをつけたのにもかかわらず、妊娠線ができてしまうこともあります。

 

体質にもよりますし、筋肉質の方もいますので、割れやすいケースもあります。
そういった時には、どうしてもクリームの効き目がないということもあるかもしれません。

 

しかし、それでもクリーム塗ることで予防できる方もいますし、その効果がある方もたくさんいます。

 

妊娠線が一度できてしまいますと、跡に残ってしまう方がとても多いのです。
予防をすることで、まったく残らずに住んだという方もたくさんいます。
乾燥が原因ということが大きいために、できるだけこういったケアを丁寧に行ってあげることは大事なことです。
その際、専用のものを使うことで、より効果があるとも言われていますので、妊娠線専用のクリームを探してみてください。

 

ノコア・妊娠線



関連ページ

いつから使うのが効果的なの?
妊娠線クリームはいつから使うのが効果的なのか?という疑問について解説します。
いつから始めるのが良いの?
妊娠線予防はいつから始めるのが良いの?という疑問について解説します。
なぜ予防をしなければいけないの?
なぜ妊娠線予防をしなければいけないの?という疑問について解説します。
クリームは市販で買える?
人気の妊娠線クリームは市販で買える?という疑問について解説します。
安く購入できるクリームはどれ?
安く購入できる妊娠線クリームはどれ?という疑問について解説します。
ニベアクリームは効果ある?
妊娠線にニベアクリームは効果ある?という疑問について解説します。
薬局で購入できる?
妊娠線クリームは薬局で購入できる?という疑問について解説します。
どこに売ってるの?
妊娠線クリームどこに売ってるの?という疑問について解説します。
販売店はどこ?
妊娠線クリームの販売店はどこ?という疑問について解説します。
どれくらい効果があるの?
妊娠線クリームはどれくらい効果があるの?という疑問について解説します。
クリームとオイルはどちらの方が効果があるの?
妊娠線クリームとオイルはどちらの方が効果があるの?という疑問について解説します。
消す方法があるの?
産後の妊娠線を消す方法があるの?という疑問について解説します。
肥満や成長による肉割れを消すための方法
肥満や成長による肉割れを消すための方法について解説します。Q&A形式で疑問に対して回答しています。